201定食 天国への階段

最近、長男に
天国と地獄の概念が宿りました。

天国は花がいっぱい咲いてて
おやつが無限にある場所で
地獄は裸で針の上を歩いて
熱湯を飲まされる場所だそうです。

なんか違う気もするけど、
まあ、なんでもいいや。

レッド・ツェッペリン
天国への階段』



[PR]

# by telecasco | 2018-02-21 15:58 | 諸行無常 | Trackback | Comments(0)

200定食 パールカラーにゆれて

のらりくらりと、
200定食突破しました。

いつも読んで下さってる方には
感謝しかありません。
ありがとうございます。

本当はこのタイミングでブログの
タイトルにもなった過去の音源である
ライオン食堂という曲を
お披露目したかったのですが、
携帯の不調により、断念しました。
またいつかどこかでアップします。


----------------------------------


今週、ゴルフとスノボーに行ってきました。

一昨日に姫路の書写山ハートフルゴルフ場に、
そして今日、滋賀県の奥伊吹スキー場に。
あ、はい。遊び人まるだしです。

もうね、
寝不足と筋肉痛がすごいのなんのって。

スノボーに至ってはこのブログを始める前の
大学生の時以来15年振り。

自分の軸足がどちらなのかすらうる覚えの中、
ブランクにより一抹の不安はあったものの
案外すぐ滑れたことに歓喜しました。

え!?全然衰えてないやん!ってね。

そのように人間の身体の順応性と
自身の身体能力を過信するあまり、
開始僅か15分でジャンプ台へ。シュン!

結果、転倒により強く頭を打ち、
パールカラーの白銀の世界にて
大きく頭を揺らしました。
と、タイトルにこじつけたのは
最近山口百恵さんのこの曲を聴いて
懐かしくなったからというのは
脈略もくそもない余談ですけど。

結局、
転倒した後1時間くらいは無口になってしまい、
周りに気を遣わせる有り様でした。
このようにアホさ加減も衰えていないのですが、
今は全身の筋肉痛と闘いながら
この文章をしたためています。

にしても僕は昔から慎重さに欠いてます。
無謀なことを平気でやっては失敗を繰り返す。
チャレンジャーと呼んでやりたいところですが、
無茶苦茶すぎて他者にはそう評価されない
所謂、愚か者です。
ま、そうは言っても、
そんな自分が嫌いになれないから
困ったものです。


----------------------------------


せっかく200という節目なので
遅ばせながら2018年の目標を書いておきましょう。

1、転職活動をする
2、長期で家族旅行に行く
3、もう一度新しい小説を書いて応募する
4、中森明菜さんのディナーショーに行く
 (催されれば)

この4つを成し得たいと思います。

まずひとつめ。
有効求人倍率が近年で最高値と言われる1.5倍な今、
転職するならここだと思ってます。

現在が些か特異な職種であり、
37の(職を変えるには)高齢というハンディも
ありますが、例え僕の求人倍率が
世間の人の10分の1であったとしたとしても
100社受ければ15社は受かるだろうという
気構えで春から準備を進めていこうと思います。
転職の動機は割愛。

ふたつめ。家族旅行。
これは職と職の合間で行きたいです。
季節は夏あたりがいいですね。
実のところ、
今の会社に入って一泊以上の旅行をしたことが
ありません。もうかれこれ5年になります。
これは旅行好きな我々夫婦にとっては
結構なストレスでした。
まあ、背に腹は変えられないって感じで
諦めてたけど、それを今年は実現します。

みっつめ。
これは、まあ、無理矢理書くもんじゃないと
言い訳しながら今は書きたい時に
シコシコと書いてます。
完成したら秋の群像新人文学賞に
応募するつもりです。

よっつめ。
これはおそらくあるのなら冬でしょうね。
僕がこの半生で唯一好きになった女性歌手。
完全に(僕の中で)神格化されている彼女を
今年こそ一目見たいです。

このように今年の僕は
四季を跨いで4つの目標に向けて
進んでいくことになります。
こうして書ききってしまうのは、
もちろん自分の為であります。
比較的ポジティブになれている今の自分で
未来の自分の背中を押してやるのです。
人生においてポジティブであることほど
大切な要素はありませんからね。
僕はそれを社会で強く学びました。

『元気があれば何でもできる』

とあるプロレスラーもそう言ってます。
僕も切実にそう思います。

『死ぬほど生きてやる』

これはまた別のプロレスラーが
過去に言った言葉です。
今ならうっすら共感できます。
プロレス全くわかんないけど。

とまあ、
いつも以上にだらだら書いてしまいましたが、
「そういやあいつ前にあんなこと言ってたな」と
思い出してくれた時、かつ、
無目的にネットサーフィンするぐらいしか
やることがない時なんかに
ふと思い出してここを覗いてもらった時、
少しでもワンダフルな報告が出来ているよう
頑張っていきますので
どうぞよろしくお願いします。
と、柄にもなく
きれいにまとめて今日はフィニッシュ。

最後に今日行ったスキー場の画像と、
誰かがあげておられる
山口百恵さんの歌を貼っておきます。

おやすみなさい。

e0045261_00265202.jpg





[PR]

# by telecasco | 2018-02-15 23:03 | 諸行無常 | Trackback | Comments(0)

199定食 容赦ない男


トゥルルルルル

トゥルルルルル

ガチャ



男「もしもし」

女「あ、もしもしー、わたくし、
  ○○物産の片瀬と申しますが」

男「こんにちは」

女「この度ですねー、
  新しくご提案したい商品がございまして
  一度お話だけでも聞いて頂ければ
  と思いましてー」

男「いやー、今ちょっと忙しくて」

女「お時間は取らせません!
  10秒だけでも…」

男「10秒!
  あっはっはっは!」

女「うふふふ」

男「いいですよ」

女「ありがとうございます!」

男「いえいえ、ぃち、、ぜろ」


ガチャン












トゥルルルルル

ガチャ


男「もしもし」

女「あ、もしもし。片瀬ですー」

男「失礼ですが、どちらの片瀬さんでしょうか?」

女「○○物産の片瀬ですー。先ほどお電話した…」

男「ああ、どうも」

女「あ、あのー、本当に10秒で切られるとは
  思ってもみませんでした」

男「僕も10秒で話せるとは
  思ってませんでした」

女「まさかカウントダウンされてたなんて…」

男「まさかかけ直してきたなんて」

女「次は何秒頂けそうですか?」

男「2秒です、ぃち、ぜろ」


ガチャン










トゥルルルルル

ガチャ


男「もしもし」

女「あのー…」

男「はい??」

女「片瀬ですー」

男「わかってます」

女「お話…」

男「しぶといですね」

女「しぶといって…
  ゴキブリみたいな」

男「負けましたよ。聞きましょう」

女「ほんとですか!?」

男「そのかわり、
  必要ないと思ったら終わりですからね」

女「うふふ」

男「その様子、自信ありですね」

女「えへへ、まあ」

男「楽しみです。じゃあ、さっそく」

女「ご紹介したいのはですねー、しいたけを倍増す」


ガチャン














トゥルルルルル


男「もしもし」

女「しいたけを倍増する為の指南書のような」

男「待って待って」

女「あ、片瀬です、でですね、
  この指南書とセットなら安くお求めいただける
  キノッピオイルという」

男「待って、片瀬さん、待って」

女「はい?」

男「いやいや、はい?
  じゃなくてさ、買わないから」

女「ひどい!」

男「ひどくないと思う」

女「この虫けら!」

男「なんでそうなる」

女「ううう、ひっく」

男「大変な仕事なんだね」

女「はい、実は…」


ガチャン

[PR]

# by telecasco | 2018-01-13 17:45 | 諸行無常 | Trackback | Comments(0)